溶融亜鉛めっき

溶融亜鉛めっきとは

溶融亜鉛めっきは、鋼材を、溶かした亜鉛に浸漬し、表面に亜鉛の皮膜(合金層)を形成することで、亜鉛の犠牲的防食作用により、鋼材の腐食を抑制する技術です。

溶融亜鉛めっきの特徴

1.耐食性

 緻密な保護皮膜と電気化学的防食作用による優れた防錆効果が得られるので、大気(排気ガス)、海水、淡水、土壌(地中)、高温・多湿などの厳しい環境条件から鉄を守り、鉄の製品寿命を大きく延ばします。

ばく露試験地域 平均腐食速度
g/m² ・年
耐用年数
 都市・工業地帯
8.0
62
 田園地帯
4.4
113
 海岸地帯
19.6
25

2.経済性

防錆効果が長時間持続しますのでメンテナンスの必要がほとんどなく、表面の亜鉛層が電気化学作用により完全に消耗されるまで製品を錆から守るため、長期的に見れば、他の表面処理法に比べはるかに経済的です。

亜鉛めっき皮膜の組織は純亜鉛層と合金層からなり、最上部のイータ層は軟らかく延性に富み、衝撃を受けても破れないのが特長です。
合金層のツェータ層は柱状の結晶からなり柱状層とも呼ばれ、合金層の中で最も厚い層です。

4.均一性

めっき槽に浸漬することにより、複雑な構造のものでも隅々まで溶融亜鉛めっきがゆきわたり、均一な亜鉛皮膜が形成されます。

溶融亜鉛めっきに関する日本工業規格

溶融亜鉛めっきの種類及び記号

種類 記号 適用例(参考)
2 種 35 HDZ35 厚さ1mm以上2mm以下の鋼材・鋼製品・直径12mm以上のボルト・ナット及び厚さ2.3mmを超える座金類
2 種 40 HDZ40 厚さ2mmを超え3mm以下の鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類
2 種 45 HDZ45 厚さ3mmを超え5mm以下の鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類
2 種 50 HDZ50 厚さ5mmを超える鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類
2 種 55 HDZ55 過酷な腐食環境下で使用される鋼材・鋼製品及び鋳鍛造品類

【備考】
1.HDZ55のめっきを要求するものは、素材の厚さ6mm以上であることが望ましい。素材の厚さが6mm未満のものに適用する場合は、事前に受渡当事者間の協定による。
2.表中、適用例の欄で示す厚さ及び直径は、呼称寸法による。
3.過酷な腐食環境は、海塩粒子濃度の高い海岸、凍結防止剤の散布される地域などをいう。

溶融亜鉛めっきの付着量及び硫酸銅試験回数

種類 記号 付着量
g/m²
平均めっき膜厚
μm(参考)
2 種 35
HDZ35
350以上
49以上
2 種 40
HDZ40
400以上
56以上
2 種 45
HDZ45
450以上
63以上
2 種 50
HDZ50
500以上
69以上
2 種 55
HDZ55
550以上
76以上

【備考】
1.めっき膜厚とは、めっき表面から素材表面までの距離をいう。
2.平均めっき膜厚は、めっき皮膜の密度を7.2g/cm³として、付着量を除した値を示す。

溶融亜鉛めっき加工工程

受入 受入検査 結束
1 受入 受入検査 結束

鋼材の大きさ、形状を確認・生産ロット単位に結束する

アルカリ脱脂
2 アルカリ脱脂

油脂類の除去

水洗
3 水洗

アルカリ脱脂を完了した鋼材を水洗いする

塩酸洗
4 塩酸洗

錆・スケールの除去

水洗
5 水洗

酸洗いを完了した鋼材を水洗いする

フラックス処理
6 フラックス処理

めっきする鋼材の表面を洗浄し、めっき時の亜鉛反応を促進させる

乾燥
7 乾燥

乾燥台にて自然乾燥し錆などの最終確認をする

めっき
8 めっき 【槽の大きさ】幅1.8m x 深さ2.1m x 長さ11m

溶融亜鉛浴に浸漬し溶融亜鉛と鋼との合金反応により、めっき被膜を形成させる

冷却
9 冷却

合金反応を止め安定しためっき面を作る

仕上 検査
10 仕上 検査

めっきした鋭利なタレを除去し、完成品検査(外観検査・めっき試験)を行う

出荷  
溶融亜鉛メッキ品質調査パワーヒートパイプ